Live2D Creative Award 2014 に応募しました

Live2Dという制作ソフトを使った作品のコンテスト「Live2D Creative Award 2014」に応募をしました。
以前、ティアナのモデルをYoutubeにアップしたやつですね。

ニコニコ動画とYoutubeにそれぞれアップしております。
※ニコニコ動画の方が高画質です。


重音テトの「おちゃめ機能」でPV動画を作成しました。

6月1日(日)23時59分59秒が締め切りと言われる中、終了5分前に応募をするという最低なスケジューリングでしたが、なんとか間に合わせることが出来ました…。

 

〜回想〜

 

5月29日(締め切り四日前)

間に合わせるために有給を取り1日作業(^q^)

 

5月31日(締め切り二日前)

うぼあああまだモデルが出来てないぃいいい(^q^)
徹夜でなんとかモデルが完成。

 

6月1日午前(残り15時間)

使おうとした音源が、Macベータ版だと音がでない事に気づき、
急遽Windows作業に切り替える(ソフトのインストールやら設定やらで数時間)

 

6月1日14時(残り8時間を切る)

やっと動画作成作業を開始する。間に合うわけがないと軽く絶望(^q^)シヌ

 

6月1日18時(残り6時間)

Aメロの手前までで数時間かかっている事に絶望する。

 

6月1日23時30分(残り30分)

動画がなんとか完成。細かい調整は諦めることにする。
動画を書き出してる間に、公式サイトにて応募の準備。

 

6月1日23時45分(残り15分)

Youtubeへのアップロード開始
アップロードをしている間に、Youtubeへの投稿文を準備。

 

6月1日23時55分(残り5分)

Youtubeへのアップロード完了
すぐにURLを貼り付けて、公式サイトから応募

 

【作業完了】

みなさん、スケジュール管理はキチンとやりましょう(吐血

 

応募作品は最終的に52作品とのことでした。

この中で10作品程度が最終審査に残り、その後入賞が発表されるようです。

まず最終審査を通過すると、Live2DのProライセンスが頂けるとのことなので、まずは最終審査に残ってくれることを祈ってます。

 

何故今回「重音テトのおちゃめ機能」で作品を作ったか、どうやって作ったかなどは改めて書きたいと思います。

 

以上なり。

Share Button