Live2D試作と感想 etc

前回ブログにアップしたLive2Dを使用したティアナのアニメーションが完成したのでアップしました。

 

 

自分で言うのもアレですが、初めての割には意外と動かせたかなぁという印象です。
まだまだ動きがぎこちなかったり、動作が小さいとは思いますが、そこは次で改善出来たら良いかな。

 

下記、少し触ってみて感想とか。

【ソフトとしての難易度】
おそらく3Dのモデルを作成するよりかは簡単だと思う。
どちらかと言うと、ソフトの機能上、やることが限られてくるので、何をするか、どう表現するかというところで作り手の能力が問われてくる気がする。

【イラストのパーツ分け】
パーツ分けについては問題なし。ギャルゲーの立ち絵差分を作るようなものなので、たぶんある程度描ける絵師ならすぐに順応する。
ただしパーツを分ければわけるほど作業ボリュームが上がるので、ある程度後工程を考えてパーツ分けをする必要がある。

あとは、後でどのように動かすかによって、個々パーツの作り方を考える必要がある。
基本的なところで、まぶたを閉じる為に上瞼、下瞼にそれぞれ肌色の部分を作ったり。上腕と下腕の付け根の部分は曲げる事を想定して描かないと動かすときに付け根が不自然になったり。斜めにした時に膨らみを自然に見せるために、胸部だけパーツを分けて作ったり。そういうのを考えないといけない。

ちなみに今回のサンプル動画で作ったパーツの数は↓こんだけです。

スクリーンショット 2014-04-20 10.57.49

 

たぶん次作る本番用はこれの倍くらいはパーツを作らないと行けない気がしています。死ねますね(鬱

【モデル用イラストの作成】
一つ課題として考えられるのが「基本モデルを斜めポーズで作るか、正面ポーズで作るか」というところ。
通常は正面で作るのが定石だと思うけど、アニメーションでより大きく左右に振るなら、公式サンプルモデルの初音ミクのように最初から斜めポーズで作った方が見栄えが良いのではないか?という話。
もちろん、上手くやれば正面の基本モデルからでも斜めポーズは作れるんだけど。たぶん正面と斜め、どちらの見栄えを優先するか、みたいな話なのかな。

【モデル作成】
問題となってくるのはポリゴン分け。これはかなり経験がものを言う部分になる。
一応基本となるポリゴン分けは技能書に載っているが、どうポリゴンを分けると動かしやすいかは自分で掴んでいかないとダメだと思う。
人によっては少ないポリゴンの方が動かしやすい人もいるだろうし、逆に細部まで分けてヌルヌル動かしたい人もいる。一つ言えるのは、当然ポリゴンを分ければ分けるほど作業は大変になるし、パソコンは重くなるから、そういうのも加味して考えないといけない。

【モデルの基本動作の設定】
ここが非常に重要なポイント。これ次第でアニメーションを作る際の動きの精度が決まるといえる。
この基本動作の設定方法にはおそらく正解は無い。上記の試作はサンプルモデルを参考に基本動作の設定を行ったけど、必ずしもそうしないといけないというわけではないと思う。

また、やはり基本動作を作成する絵で、多少の絵心は必要。
正面の絵から各パーツを変形させて違和感のない斜めポーズを作る、というのは絵の描ける人間でないと出来ないと思う。
フィギュアの造形師が必ずしも絵が描けるとは思っていないが、見て違和感がある、どう直せば良くなる、みたいな「目」のスキルは持ってないと動かすのは辛いんじゃないかな。

【アニメーション】
基本動作の設定まで出来てしまえば、作業の8割は終わったようなもの。
アニメーションを作るのは、基本となる動きができているので、あとは組み合わせと、設定をする根気という感じかな。

ただ、動きに合わせて揺れる髪の毛やスカートなど、慣性で動くものの動作を自然につけるのはかなり難しいと感じた。
この辺はたぶんアニメーションの知識がいると思う。とはいえ、そこまで細かく動かさなくても問題は無いと思うけど。

 

以上、簡単に各工程について思ったことをつらつらと。
上に書いたような事を踏まえてコンテスト用の動画を作りたいね。

 

このGW中に最低でもモデルの基本動作作成までは終わらせる予定です。
次回のネタは何にしようか迷っているところではありますが、一応コンテスト紹介動画で初音ミクが使われているように、クリプトン社が協賛しているようなので、ボーカロイドネタで行こうかなぁと考えています。

重音テト

どんなものになるかはお楽しみということで、一つよろしくお願いします(何

Share Button

Live2Dによる擬似3Dアニメーションの制作

Live2D という1枚の絵を立体的に動かす技術のお話です。

http://www.live2d.com/

簡単にいうと、一枚の絵を目、顔、腕、体などのパーツに分解し、それぞれをうまく動かすことで、一枚の絵から動くモデルが作成出来るというソフトです。

似た技術でモーションポートレートというのがあります。ホワイトアルバム2や、PSP版とらドラ!、ハルヒのゲーム等で採用されている技術です。こちらはどちらかというと人物写真とかを動かすのに使われているそうです。目の形を整形したり、別の髪型を合成したり、みたいなスマホアプリを見ますが、そういうのが得意みたい。

他にはE-moteというのもあり、こちらは完全に2Dイラストを動かす事に特化したもので、Live2Dとよく似たソフトみたいですね。どちらが先に出たものかまでは調べていませんが。

 

前置きはそれくらいにして、なんでこんな話をしているかというと、現在Live2Dのコンテストが開催されており、その参加を検討しているためです。

Live2D Creative Award 2014

 

↑の動画の初音ミクを最初に見た時は、こんなにヌルヌル動かせるのかと驚きました。まぁさすがにここまで出来るようになるには相当時間がかかりそうですが。。。

 

現在コンテスト期間中はトライアル期間ということで、PROライセンスが使用可能です。
ですのでこの機会にちょっと触ってみようかなと思った次第です。ついでにコンテストに参加出来ると良いなぁと。
(最終審査まで残るとライセンスがタダで貰えるみたいだし…!(ちょ))

とはいえ、まずは触ってみないと自分のスキルレベルで扱えるものなのかわからないということで、今必死になってサンプルを作成しています。

モデルはなのはキャラでも貴重なシンメトリーキャラのティアナです(ぇ
さすがに二次創作での投稿はまずいのでコンテスト参加作品を作る場合はオリジナルにする予定です。

sample_Teana

まだまだ動きも少なく、所々に違和感がありますが、とりあえずモデルの作成は終わりました。

次回はサンプル動画がアップ出来るかなぁと思います。
ついでに触ってみた感想や課題などのも軽く書く予定です。

でわでわ。

Share Button

このサイトについての色々

今回、fc2ブログからWordpressというCMSで作成したWebサイトに移行をしました。

1番の理由は、今後活動の幅を広げていく上でブログ単体では非常にやりにくくなるからです。

現在Webデザイナーの卵として仕事をしており、色々とWebコンテンツの制作や企画を考えていく上で自分のサイトを持っておくと色々と便利なんです。
また、前回の冬コミから執筆し始めたリトラン(止まっていますが…)のようなWeb漫画を掲載していくとなると、ブログでは何かと管理しにくいんですね。
そういったわけで、今回サイトを制作し、お引越しをしました。

まだ作っていないページもあるので、これから時間を見つけて作っていきます。

今後の運用やSNSの活用を考え、色々と仕組みを導入していきたいと考えています。

 

例えばギャラリーページ(Illustration)について
Tumblrと連携をさせており、Tumblurにアップしたイラストがそのまま表示されるようになっております。
これでサイトのギャラリーページを更新する手間を省いております。ちょっと読み込みに時間が掛るのがネックですが、更新が楽になるのでとりあえずこの形を取りました。

本職でWebを扱っている以上、こういった小ネタを自分のサイトで試しつつ色々と覚えていきたいなぁという感じですね。

 

最近Twitterでアップした画像を掲載。 リリカルなのはを代表するママンズ。

夏コミが、まだ確定ではありませんが、なのセントのプレシアさん本を描こうかなぁと考えてます。
なんかエロは描かないみたいな事を昔言った気がしますが、たぶんおっぱいおっぱいしたエロネタになる予定です。下↓のリンディさん絵みたいな。
とはいえまだ確定ではないんですけどね。今後のスケジュールとご相談です。
もし夏コミで見たいネタ等あれば拍手とかからコメント下さい。参考にさせていただきます(あくまで参考程度)

 

リリカルなのはより 桃子ママ
桃子さん2

 

【R18】リリカルなのはより リンディさん

あなた「え?何?全然聞こえない」(棒読み by 羽鐘そうし on pixiv

それでわ。

Share Button